コンテンツへスキップ

アイフルホームのCMキャラに起用された、俳優の山崎賢人さん。

 

他にも多くのCMに出演されているわけですが…

アイフルホームのCMも評判が良いみたいですね~!

 

また、山崎賢人さん出演のCMといえば、ギャラクシー(携帯)のCMも思い浮かびます。

 

アイフルホームのCMも、ギャラクシーのCMも…

どちらもファンなら釘付けになってしまうでしょうね。

 

そんなわけで今回は、山崎賢人さんが出演するアイフルホームのCMや、ギャラクシー(携帯)のCMについてご紹介していきます。

爽やかなスーツ姿と笑顔を披露!山崎賢人がアイフルホームのCMに登場

スカウトがキッカケで芸能界入りした山崎賢人さん。

雑誌「ピチレモン」でメンズモデルとして人気を集め、その後2010年放送のドラマ「熱海の捜査官」で俳優としてデビューします。

 

翌年には「管制塔」で映画初主演を飾り、多くの作品に出演。

そして2018年には「トドメの接吻」でドラマ初主演を果たしました。

 

わりと爽やかな役柄を演じることが多かった山崎賢人さん。

そのため、多くの人が「爽やかな好青年」というイメージを持っているかもしれません。

 

が、やはりさすが俳優さん!

近年は爽やかキャラ以外もこなし、俳優としての幅を確実に広げています。

特に、ドラマ初主演作となった「トドメの接吻」では、「クズなホスト」という従来のイメージとは違う役柄を演じて話題を呼びました!

 

俳優さんや女優さんは、いろいろな役をこなすことでドンドン実力が磨かれていくでしょうしね。

それに、同じ雰囲気の役柄ばかりだと、どうしてもひとつのイメージに固定されてしまうのでは?と。

いろいろな役柄に挑戦することは本当に大切だよな~と思いますね。特に若手のうちは、吸収する力もスゴそうですし!

 

ただ、やはり山崎賢人さんは、爽やかで真面目な感じがぴったりハマるのかな?という気もします。

 

というのも、アイフルホームのCMに出演している山崎賢人さんが、ネット上で「カッコイイ」と話題になっているからです。

 

スーツを着こなし、真っ直ぐなまなざしで、アイフルホームの魅力やキャッチコピーを力強くコメント。そして最後には爽やかな笑顔のアップ!

山崎賢人さんの爽やかなイメージが、見事に表現されています。

「トドメの接吻」で演じたクズなホストとは、まるで違いますね…笑

やはり多くの人は、どちらかというと「爽やかオーラを放つ山崎賢人さん」の方がお好みだったりするんでしょうか?

 

まあ、爽やかな雰囲気もちょっと悪い感じの雰囲気も、どちらも違った良さがあると思いますけどね。

この対極な感じもまた良いものではないでしょうか!?笑

 

また、アイフルホームがCMキャラに男性を起用するのは、今回が初めてなんだとか。

初の男性キャラに抜擢されるなんてスゴイですよね。

山崎賢人のCMといえばギャラクシー(携帯)も外せない!

アイフルホームのCMが評判な山崎賢人さんですが、ギャラクシー(携帯)のCMも人気です!

 

山崎賢人さんが湖にスマホを落としてしまう、という内容とか。笑

ギャラクシーのCMも色々なバージョンが放送されていますよね~。

 

また、特にネット上で話題を集めた内容といえば!

やはり飯豊まりえさんと共演したバージョンではないでしょうか。

 

山崎賢人さんが、飯豊まりえさんを後ろからギュッと抱き締める…

あのシーンにドキドキしたファンは多かったようですからね。

あくまでCMではありますが、なんだか本当の恋人同士のように見えました。

こちらが恥ずかしくなってしまうくらいのドキドキなシーンです。笑

 

先述した通り、ギャラクシーのCMには様々なバージョンが存在していますからね。

山崎賢人さんファンの皆さん、ぜひギャラクシーのCMの中で「お気に入りの1本」をチェックしてみてはいかがでしょうか?

健康で文化的な最低限度の生活 動画

「アイフルホームのCMで流れている曲は誰が歌っているの?」

 

どうやらアイフルホームのCMを見た人の中には、そんな疑問を持つ人がたくさんいるようです。

 

では「アイフルホームのCMソングを歌う人物は一体誰なのか?」と言いますと…

 

「さや姉」の愛称で知られる山本彩さんであることが判明!

 

人気アイドルの山本彩さんが歌っているとなると、これはますます注目を集めそうですね。

 

今回は、そんなアイフルホームのCM曲を歌う山本彩さんについて、調べてみたいと思います!

アイフルホームのCMソングに山本彩の「JOKER」が!

何気なくCMを見ていると、バックで流れる歌が気になることってありますよね。

CMって何度も流れますから、その分耳にも残りやすいですし。

中には無意識のうちに口ずさんでた…なんて人もいるかもしれませんね。

 

2017年8月から放送されたアイフルホームのCMソング「JOKER」も、多くの人の興味を惹いたようです!

 

そこで、アイフルホームのCMソングを歌うのは誰なのか、ネットで調べてみたところ…

 

NMB48チームNのメンバーとしてお馴染み、「さや姉」こと山本彩さんであることがわかりました!

 

歌が上手いアイドルとして評判な山本彩さん。

ギターやドラムも得意で、2015年の秋頃からは自ら作曲もしているとか。

また、音楽番組で他のアーティストと共にギターを演奏するなど、かなりの音楽好きであることがうかがえます。

過去には「ずっと音楽に携わっていることが夢」とも語っていたようですしね。

 

もちろん、アイドル活動によって山本彩さんの人気や知名度が高まったのは事実でしょう。

ただ、山本彩さんの音楽に対する姿勢や心意気を見ていると、もはやアイドルというよりアーティストという感じもしますよね。

本気で音楽に向き合っている・心から音楽が大好き、というのが伝わってきます。

 

アイドルとしての魅力、そしてアーティストとしての魅力。

その2つを兼ね備えている所も、山本彩さんの人気の秘密と言えそうです。

 

アイフルホームのCMソングである「JOKER」も、そんな山本彩さんが歌うからこそ、より魅力的に仕上がったのかもしれませんね。

 

さらにこの「JOKER」、作詞作曲も山本彩さんオリジナル。

作詞に関しては、音楽プロデューサー&作詞家・いしわたり淳治さんとの共作ですが、作曲の方は完全に山本彩さんのみで手掛けているようです。

自分で作って、自分で歌って…ほんと、もう立派なシンガーソングライターですよ。スゴイ!

CMソングに抜擢されて山本彩もファンも大喜び!

アイフルホームのCMが放送される前、山本彩さんはご自身のツイッターで、CMソングが起用されたことをお知らせしています。

 

山本彩さんはお知らせをすると共に、「喜びと感動が凄まじいです」とコメント。

CMソングに抜擢されたことの嬉しさを滲ませていました。

 

ファン以外の人の場合、やはりツイッターをチェックする機会はなかなかありませんからね。

いわば何も情報が無い状態ですから、「誰が歌っているの?」と疑問を抱いてしまうのも無理ないです。

しかし、すでにツイッターで情報を把握していたファンは、むしろ「誰?」どころか「おっ!流れたぞ」という感じだったでしょうね~。

 

また、山本彩さんご本人はもちろん、ファンも大喜びだった模様。

ネット上には「おめでとう!」という声が多数寄せられ、ファンの喜びに満ちたコメントがそこかしこに飛び交っていました!

ご本人もファンも、共に素直に喜べる。なんだか見ていてとても微笑ましい感じがしましたね~。

 

山本彩さんのファンの元には、きっと今後も嬉しいお知らせが続々届くことでしょう。

今回のように、またオリジナル曲がCMに起用される…なんてこともあるかもしれませんね!

24/7 englishの評判と口コミ

皆さん、「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」というヒット曲をご存知でしょうか?

 

タイトルを見ただけでピンとくる人もいれば、実際に曲を聴いて「ああ!この曲ね!」と思い出す人もいるでしょう。

もちろん「好きな曲だからよく知ってる」「今でもカラオケで歌う」なんて人もいるでしょうね!

 

今回は、そんなヒット曲「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」を歌ったキタキマユさんにスポットを当ててみたいと思います。

 

なんでもキタキマユさん、実は今話題のアイテム・Google HomeのCMに出演されているんだとか。

 

Google HomeのCM出演で話題を集める、キタキマユさんとはどんな人物なのか?そしてCMの内容は?などなど…

 

気になる部分をサクッと調べていきます!

「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」でお馴染みのキタキマユとは??

2000年に「PLANET'S TEARS / 太陽を夢見て」を発売し、歌手としての活動を始めたキタキマユさん。

 

そして翌年の2001年に発売された3枚目のシングル「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」が大ヒット!

 

常盤貴子さんや深津絵里さんが出演されていたドラマ「カバチタレ!」の主題歌としても有名ですよね~。

ドラマがキッカケでこの曲に興味を持った人も多いのではないかと思います。

耳に残りやすいキャッチーなサビと、キタキマユさん独特の透明感ある歌声が非常に魅力的でした。

 

「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」のヒットにより、歌手としての知名度が一気にアップしたキタキマユさん。

 

そのため「キタキマユさん=歌手」というイメージが強いかと思いますが…

歌手だけではないんです!

 

実はキタキマユさん、幼い頃から子役として活動されていたんですよ。

 

ドラマ「HOTEL」や、タカラトミーのCMなど、多くの作品に出演されていたんです。

 

歌手としてデビューしたのは2000年ですが、芸能活動自体はそれよりもっと前に始まっていた…というわけですね~。

 

そしてキタキマユさんは現在、音楽活動を行っておらず、女優業の方に力を入れているとか。

 

確かに近年は、映画・ドラマ・舞台などに出演されていることが多いみたいですしね。

 

歌手のイメージが強いキタキマユさんですが、劇団に所属し子役として活動していた経歴を考えると、最終的にお芝居の方面へ行くことはむしろ自然と言えるのかもしれません。

 

まあ、歌手としてのキタキマユさんが好きな人にとっては、少々残念かな?という気もしますが…

もしかしたら気が変わって、再び音楽活動を行う可能性もありますしね!

ご本人のやりたい方向性でお仕事を進めていけたら、それが一番かと思います。

キタキマユがGoogle HomeのCMに出てるって?

「OK、グーグル」と話しかけることで反応するGoogle Home。

皆さんもCMで一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 

実はこのGoogle HomeのCMに、キタキマユさんが出演されているんです。

 

Google HomeのCMには様々なパターンがあり、キタキマユさんは「子供の意外な質問にも」篇に登場。CMでは母親役を演じています。

 

それにしても、キタキマユさんもGoogle HomeのCMに出演されていたとは…知りませんでしたね~。

恐らく気付いていない人も結構いるのでは?と思うのですが、どうなんでしょう。

 

ちなみに、CMでは母親役を好演しているキタキマユさんですが…

実はプライベートでもすでに母親だったりするのでしょうか?

 

調べてみたところ、キタキマユさんに子供がいるかどうかは不明でした。また、既婚なのか独身なのかも不明ですね。

恐らく子供や旦那さんはいないのではと思うのですが、発表していないだけで、もしかしたらすでに新しい家族がいるのかもしれません。

 

プライベートは謎に包まれている感じですが、そんなミステリアスな部分もキタキマユさんの魅力と言えそうです。

これからもCMはもちろん、ドラマや映画など、幅広く活躍していってほしいですね。

松岡茉優さん出演のCM動画が、ファンの間で話題を呼んでいるそうです。

「トヨタホームのCMでの笑顔がかわいすぎる~」と、かなり評判な様子!

 

松岡茉優さんといえば、今注目の若手女優さんですからね。

明るい笑顔も印象的ですし、それがCMで惜しみなく披露されているとなれば、話題を呼ぶのも当然かも!?

 

というわけで今回は、松岡茉優さん出演のCM動画や、トヨタホームでのかわいすぎる笑顔について、チェックしていきたいと思います。

おはガールとしてデビュー!人気急上昇中の女優・松岡茉優!

女優として知られる松岡茉優さんですが、実はデビューのキッカケは、子供向けバラエティ番組「おはスタ」。

 

松岡茉優さんは2008年に「おはガール」として番組に出演し、芸能界デビューを果たしたのです。

 

ドラマや映画でデビューされたのかな?と思いましたが、始まりはおはガールだったんですね!

ただ、松岡茉優さんは明るくハツラツとしたイメージなので、そう考えるとおはガールは適任だったようにも思えます。

おはスタから生まれ、流行語大賞も受賞した挨拶「おっはー!」を、明るく元気よく言ってくれそうですからね。

 

また松岡茉優さんは、2002年から「おはスタ」を視聴。その頃からおはガールに憧れていたんだとか!

憧れのおはガールとしてデビューできたわけですから、きっととても嬉しかったでしょうね。

 

おはガールとして元気を届け続けた松岡茉優さんですが、2010年3月26日に「おはスタ」を卒業!

 

その後、2013年放送の連続テレビ小説「あまちゃん」に出演、さらに2015年放送のドラマ「She」で連ドラ初主演を果たすなど、女優としての知名度をどんどんアップさせていきました。

 

おはガールとしてデビューし、朝の顔として人気を集め、その後着実に女優として経験を積んでいる…というわけですね!

 

今年2018年で、ちょうど芸能生活10年目を迎える松岡茉優さん。

持ち前のフレッシュさと磨かれていく実力で、これからさらに人気が加速していくことでしょう。

 

「女版の八嶋智人さんを目指している」とのことなので、個性的な女優さんになる可能性も大ですね。

今後の活躍が楽しみな女優さんです。

松岡茉優のCM動画が話題!トヨタホームでの笑顔がかわいすぎる!?

ところで松岡茉優さん、最近トヨタホームのCM動画が話題になっているみたいですね。

 

ちなみにこのCMには吉田羊さんも出演!

松岡茉優さんと吉田羊さんが親子役として共演されているんです。

 

2人が共演するトヨタホームのCMはシリーズになっており、いろいろなパターンが存在するのですが、どれも和やかで温かい雰囲気が漂っています。

家族のちょっとした瞬間や何気ない日常を上手く表現していますね!

 

吉田羊さんは女優歴の長いベテランですが、そんな吉田羊さんに負けないくらい、松岡茉優さんも素敵な演技を見せてくれています。

 

特に、ファンの間では「笑顔がかわいすぎる」と言われています!

 

確かにこのトヨタホームのCM、松岡茉優さんの素敵な笑顔がじゃんじゃん見られますからね。笑

 

「笑え、家族/おいひい」篇では、料理をしながら母と戯れ、母が作った出来立ての煮物をパクリ。

実は失恋中で落ち込んでいたため、母の美味しい煮物と温かい気持ちに思わず「おいひい(おいしい)」とニッコリ。

その時の笑顔もとても可愛らしいですね。

 

また、「笑え、家族。/コート」篇では、コートをおねだりしたいがために、父の帰宅をわざわざ玄関でお出迎え。

「たまにはこういうのも…」と言いながら照れ笑いする松岡茉優さんもイイ感じです。

ニッコリとした笑顔も良いですが、ちょっと恥ずかしそうな照れ笑いも良いですよね。

 

ちなみにトヨタホームのCM動画は、公式サイトなどからも視聴できるようです。

「松岡茉優さんの笑顔がかわいすぎるからまたCMを見たい!」というファンは、ぜひチェックしてみてくださいね。

人気女優の吉田羊さん、様々なドラマやCMに出演されていますよね。

中でも特に注目を集めているのが、トヨタホームのCM!

 

なんでも吉田羊さんは母親役を演じているとか。

どんな役でもサクッとこなせる吉田羊さん、やはり演技派ですね!

 

今回は、そんな吉田羊さんや、出演するトヨタホームのCMについてなどをご紹介したいと思います。

トヨタホームのCMで母親役を演じる吉田羊の年齢は?

思わず「羊」を「ひつじ」とそのまま読んでしまいそうになる…

そんな個性的な名前を持つ吉田羊さん。

ただ、愛称は「ひつじ」で、熱狂的なファンのことは「ヒツジスト」と言うらしいです。笑

なんだかとても和やかでキュートな愛称ですよね。

 

そんな吉田羊さん、独特な名前の他に、年齢非公開という点でも注目を集めました。

 

まあ何しろ、今はネットが発達している時代ですからね。

もちろん「ガセ」という可能性もありますが…ネットを使えば、非公開情報もある程度調べられたりします。

 

吉田羊さんの年齢に関しても、ネット上で盛んに調べられているようで、検索窓に吉田羊さんの名前を打ち込むと、「年齢」というワードが必ずくっついてきます。笑

 

では、吉田羊さんの年齢は何歳なのか!?

 

一部では「48歳ではないか?」と言われていたようですが、どうやら44歳説の方が濃厚みたいです。

 

というのも、実は2010年放送のドラマ「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」出演時に、吉田羊さんの年齢が記載されていたそうなんです。

 

その時の年齢が36歳。

 

となると、2018年現在は44歳ということになりますね!

 

う~ん…こんなにすんなりわかってしまうと、なんだかあまり非公開にする意味が無いような?笑

 

ただ、吉田羊さんが多くの人に知られるようになったキッカケが、2014年放送のドラマ「HERO」ですからね。

年齢が記載された出演作は、いわばブレイク前の作品ですから、積極的に調べようとしないかぎりわからないままと言えるかな?と。

 

逆に、ブレイク前からの熱心なファンなら、恐らく出演作をくまなくチェックしているでしょうから、年齢なんてとっくに知っていたのかもしれません!

 

トヨタホームのCMで、母親役を演じている吉田羊さんですが、年齢がわかるとより一層CMの世界観をリアルに感じることができますね。

吉田羊がトヨタホームのCMで魅力的な母親を好演!

トヨタホームのCMには、吉田羊さんの他に、松岡茉優さんも出演されています。

 

母親役を吉田羊さん、娘役を松岡茉優さんが演じているのですが、なんだかとても微笑ましいCMなんですよね~。

 

吉田羊さんが出演するトヨタホームのCMには、「家を建てた理由」篇や「笑え、家族/おいひい」篇など、様々なパターンがあります。

ちなみに1番最新のCMは「笑え、家族。/コート」篇のようですね!

 

「笑え、家族。/コート」篇の内容はどんなものなのかというと…

 

まず、季節は寒~い冬。

娘が父親を玄関で出迎えるわけですが…

実は欲しいコートをおねだりしたいと考えているのです!笑

 

そのため、お出迎えの言葉も「おかえりなさいませ」と、非常に丁寧。

思わず父は「なんだよそれ」と答えるわけですが、娘は「たまにはこういうのも」と言ってはぐらかします。

 

しかし、何かあると思ったのでしょう。父はすかさず「ワケもなく?」と突っ込みます。笑

そして娘は「欲しいコートがあります!」と白状。笑

父は思わず「だよな」と笑い、娘や傍らにいた母も笑ってしまうのでした。

 

15秒の短いCMの中に、家族のあたたかいユーモラスなやりとりが凝縮されていますね~。

そして傍らにいる母・吉田羊さんの自然な笑顔や佇まいもGood。

茶目っ気たっぷりなおねだりの様子を見守る、優しいお母さん…という感じがします。

 

吉田羊さんは様々な役を演じていますが、トヨタホームのCMを見ると、ほんと母親役もバッチリだな~ということがよくわかります。

母親らしさ溢れる吉田羊さんも魅力的ですね!

健康で文化的な最低限度の生活 見逃し

快適で先進的な暮らしを手に入れることの出来るスマートホームは何の問題もなく、世界から遅れをとらないように何の躊躇もなく進めるべきもののように思われます。

しかし、スマートホームシステムの中にも議論を呼んでいるものがあります。

それが、ネットワークカメラやスマートホームカメラと言われるものです。

まずは、このカメラがどのような機能を持つもので、どのような目的で導入されるものなのかを調べてみましょう。

スマートホームのカメラ機能は今までの防犯カメラと違う?

カメラと言って思いつくのは防犯対策ですね。

屋外に設置しておけば、それだけでも空き巣被害に遭う確率を低くしてくれるとも言われています。

 

しかし今やただ設置して様子を録画するだけにとどまりません。

動作検知センサーや人感センサーが内蔵されているカメラであれば、そのセンサーが反応すると外出先でもスマホに通知され映像を確認することが出来るのです。

 

さらに、カメラに映った人に対して「何か御用ですか?」などと声をかけることも出来ます。

これでは泥棒も恐ろしくて逃げるしかありませんね。

長期の旅行で家を空けるときも安心です。

 

次に屋内のカメラです。

女性も積極的に社会に出て働くことが多くなってきました。

性別や子供の有無に関係なく自分の生きがいや居場所を持つことは素晴らしいことです。

 

そんな働くお母さんを安心させてくれるのがスマートホームのカメラ機能です。

小学校・中学校になると一人でお留守番が出来る年齢ではありますが、やはり絶対に安心という訳にはいきませんよね。

仕事先にいながら、スマホで子供の様子を確認し声をかけることが出来れば、安心して仕事に集中することが出来ます。

 

また、同じ屋根の下にいてもカメラ機能が役立ちます。

赤ちゃんが寝ている間に別の部屋の掃除や洗濯、片づけをすることがあります。

気付かないうちに赤ちゃんが起きて泣いていないか、動き回って何か口に入れてしまわないか心配しながらでは、なかなか家事が進みません。

 

そんな時には音センサー搭載のカメラがあれば、赤ちゃんが泣いたことを知らせてくれます。

すぐに駆け付けることが出来ない場合でもカメラを通してお母さんの声が聞こえたら赤ちゃんも少し安心するかもしれません。

この他、離れて暮らす高齢の両親を見守る目的や、お留守番中のペットの状態を確認するためにも役立ちます。

部屋の温度を確認する機能がついているカメラもあるので、エアコンを好まない両親に注意喚起したり、自分では温度管理出来ないペットのために室内を快適温度に保ったり出来ますね。

こんなに便利でも問題点が?!問題解決に必要なこととは?

カメラ機能もほかのスマートホームの機能と同じく役に立つありがたいもののように感じますね。

 

では、このようにいつでもスマホで映像を確認でき、音声も聞くことが出来るカメラが寝室に設置されていたらどうでしょう。

中学生や高校生の子供部屋に設置されていたら、子供たちはどう感じるでしょうか。

いつでも誰かに見られているようで、良い気はしませんよね。

家族の中でプライバシーという言葉を使うのは少し寂しい気もしますが、やはり一人の独立した人間として守られるべきものです。

これがスマートホームのカメラ機能に潜む問題点です。

 

この問題を解決して、スマートホームが家族みんなにとって快適で安心な暮らしの実現につながるようにするにはどのような対策が必要なのでしょうか。

製品によっては、カメラについているボタンを押すことでマイク機能をオフに出来るものがあります。

マイクがオフになると赤く点灯するなど分かりやすく表示します。

友達と話している内容を聞かれる心配がないということを目で見て確認できるのは安心ですね。

映像も見られたくない場合にはカメラにタオルをかけたり、電源を抜いたりしてしまえば良いのです。

 

しかし、もしそうするのであれば、その場所に本当にカメラが必要かどうかを家族で話し合うべきかもしれません。

サービスや商品、制度など全てにおいて新しいものに問題点はつきものです。

ある人にとって不要な機能も、違う人にとっては無いと困る機能である場合もあります。

利用する人によって問題点も違ってきます。

製品を作る側の努力だけでは完全な問題解決に行きつかない場合もあるでしょう。

スマートホームのカメラ機能はセキュリティや日常生活の安心を得るためにとても優れた働きをしてくれます。

 

しかし、その機能によって家族のプライバシーが脅かされるという問題点も出てくるという困った状況です。

安心安全な暮らしを得るためのカメラ機能としての働きと、家族のプライバシーが侵害される危険性を持つカメラ機能としての問題のどちらが大きいかを考え、それぞれの家庭が判断するのが良さそうです。

あるいは、あまりにもプライベートな空間に設置することを避けることや、家を完全に不在にするときだけ使用するというルールを家庭内で作ることなどである程度解決するかもしれませんね。

家族に優しい暮らしを目指すのですから、みんなでたくさん話し合う時間もまた楽しみたいものです。

スマートホームで快適な暮らしを実現するためにスマートスピーカーと並んでダブル主演のような位置にいると言っても良い存在がスマートリモコンです。

ネットワークにつなぐことの出来ない電化製品、エアコンや照明・オーディオ機器などを操作するのに役立ち、電化製品の数だけリモコンが並んでいたり、リモコンをどこかに置き忘れたりという不便もなくなります。

しかし、スマートリモコンの実力はもっと大きく、驚くほどに私たちの日常生活をサポートしてくれるのです。

スマートリモコンのありがたい働き!!

突然ですが、主婦は大変な仕事です。

真冬の寒い朝、家族が起きる前から1人布団を出て、部屋が温まらないうちに着替えます。

太陽の優しい光で目を覚まし、暖かい部屋で着替えられるのは、お母さんの優しさのおかげですね。

家庭によってはこれがお父さんの役割だったり、子供の役割だったりするかもしれませんが、実はこの毎日決まった作業をスマートリモコンが代わりにやってくれるのです。

朝6時から活動を始めるのであれば、スマートリモコンに「朝5時50分になったら、エアコンをオンにする」というシーンの設定をすることで、起きる10分前にエアコンが作動して部屋を暖めてくれます。

これなら家族の誰かが犠牲になることなく、みんな快適に暮らすことが出来ますね。

さらに外出先から操作できる製品であれば、夏の暑い日に蒸し風呂のような部屋に帰る恐怖から逃れることが出来ます。

帰宅する前にエアコンをオンにして部屋を快適な温度にしておくことが出来るのです。

この外出先からの操作についてはスマートリモコンによって対応していない製品もあるようなので、確認が必要です。

また、スマートリモコンにはあらゆるセンサーが搭載されているものもあります。

温度、湿度、照度など製品によって搭載されているものが異なりますので、それぞれの家庭でどのスマートリモコンが良いか選ぶ基準にもなります。

インフルエンザに感染しない為にはある程度の湿度が必要ですが、湿度が高すぎるとカビが繁殖してしまうなど、湿度の調整は難しいですよね。

スマートリモコンは自動で測定した情報をスマホに送ってくれるので、手元で確認することが出来て、そのままスマホで加湿器の操作も出来てしまうのです。

手がふさがっているあなたも助けます!!

スマホ1つで家電をコントロール出来るだけでも充分便利でありがたいことですが、もっと言えば声でコントロールしたいですよね。

特に赤ちゃんを抱っこしている時や、お料理している時です。

いけないと思いながらも、リモコンのスイッチを足で押してみたりした経験はありませんか?

赤ちゃんが抱っこでやっと寝てくれて、テレビの音量を下げたいけれど手が使えない時や、ハンバーグをこねていてスマホ操作出来ないけれど、夕方になって寒くなってきたのでエアコンをつけたい時などありますよね。

スマートスピーカーとスマートリモコンを接続することで、声によってリモコン操作出来るようになるのです。

これも対応しているものとしていないものがあるので、購入時に確認すべき点と言えるでしょう。

人をダメにする?いいえ!快適な暮らしは人に意欲を与え、明るく生きる原動力になるのです!

「こたつの周りにゴミ箱・リモコン・ポット・お菓子など必要なものを手の届く場所に全て配置して、ぬくぬく休日を過ごしています。」

そんな話を聞いて褒める人は少ないですね。

「動かないとダメだよ」と注意するかもしれません。

便利なスマートリモコンについても「機械任せじゃなくそれくらい自分でやらないと…」と良い印象を持たない人もいるでしょう。

しかし、スマートホームによる暮らしは、あらゆる動作を省き人がダラダラ過ごすことを目指しているわけではありません。

毎日の決まった動作をスマートリモコンが代わりにやってくれることで、気持ちに余裕が生まれて、これまでよりも家族に優しくプラスアルファの思いやりを与えられるかもしれません。

寝たきりで家族にお願いしないと何も出来なかった人にとっては、家族への“申し訳ない”という気持ちが減って自信を取り戻しハツラツとするかもしれません。

スマートホームによるリモコン機能は、確実に便利なものと言えます。

そして、その機能が暮らしにどう影響するかは使う人次第で変わってくるでしょう。

便利な機能を悪者にしないように、導入する目的や使い方など明確にしておきたいですね。

自分の家を、未来的で快適な暮らしが出来るスマートホームに出来たら素敵です。

最初は手軽に始められるスマートスピーカーから取り入れてみようという方が多いかもしれません。

しかし、せっかく始めるなら、行く行くは自分の望む暮らしを完全に作り上げたいと思いますよね。

スマートホームでかなえられる暮らしと、そのために必要なデバイスをまとめてみました。

ちなみに、スマートホームは管理システムとデバイスという二つの柱からなっています。

管理システムは声で電化製品などを操作するスマートスピーカーのことで、デバイスは電化製品などコントロールされる側のことを指します。

こんなにあります!スマートホームで出来る事!

①スマートリモコン

現在の日本で一番多いのは赤外線により操作する電化製品です。

スマートスピーカーで操作するには電化製品をネットワークでつなぐ必要がありますが、テレビ・エアコン・照明器具・オーディオ機器などをスマートスピーカーに対応した製品に買い替えるのは容易ではありません。

赤ちゃんを寝かしつけている時にテレビの音量を小さくしたいけれどリモコンに手が届かなかったり、照明を消さければいけないとは思いつつ疲れ果てて眠くて動けなかったり、などということがありますよね。

スマートリモコンがあれば、電化製品を買い替えることなく赤外線リモコンの操作信号を学習して操作してくれるのです。

 

②調光LEDライト

スマートホンにより照明の色や光量を変えることのできる照明器具です。

フィリップスからは1600万色以上の色を再現できるライトが発売されています。

さらにソニーは、調光だけでなく赤外リモコンとしてテレビやエアコンを操作したり、人感センサーにより入退室により自動的に照明をつけたり消したりすることも出来る製品が出ています。

 

③環境センサー

温度・湿度・明るさなどを計測するものです。

計測結果をエアコンや照明に知らせて、温度設定や明るさの調節を自動的にコントロール出来る製品もあります。

真夏の暑さにより、室内での熱中症が深刻な問題になってきました。

お年寄りや赤ちゃんなど温度や湿度の変化への対応が難しい人にとっては、このような環境センサーがあると安心して暮らすことが出来ますね。

 

④セキュリティデバイス

玄関ドアの鍵をスマホ操作で開け閉めできるようになる製品があります。

現在の鍵を変えることなくサムターンに被せるだけで工事なども不要なので、スマートスピーカー同様取り入れやすいものですね。

ドアや窓の開閉を調べる製品もあり、防犯にも役立ちそうです。

 

⑤スマートコンセント

スマートホームは、快適な暮らしの実現を目的にしていると同じくらい、省エネへの貢献も大きく期待されています。

使用電力を計測しスマホに送信、電源のオンオフをスマホで操作出来る製品などがあります。

節電を心掛けているつもりでいても、日常生活の中で使用している電力を把握することは難しいですね。

使用電力を知らせてくれる製品があれば、とりあえずつけているテレビや照明の消し忘れなどを防ぐことが出来るかもしれません。

スマートホームは十人十色!

まだまだ便利なデバイスがあるかもしれませんが、見つけたものは以上です。

恐らくこれからもっと増えていく事が予想できますね。

それら全てを取り入れることが絶対に必要という訳ではないことを忘れてはいけないように思います。

自分や一緒に暮らす家族にとって、必要なことと不要なことを見極めて適切なものを取り入れることが大切です。

スマートホームに必要なデバイスは、それぞれの家によって違うのが当たり前です。

たとえ家族であっても一人一人快適な暮らしの概念は少しずつ違うでしょう。

家族が多ければ多いほど、たくさん話し合ってみんなが快適に暮らせる家を目指したいですね。

スマートホームのハブについて考える前に、一般的に“ハブ”と言う言葉は何のことを指しているのか調べてみました。

“ハブ”を説明する際によく例えられるのは、コンセントのタコ足配線です。

1つのコンセントに複数のコンセントが付いたタコ足配線を差し込むことで、複数のプラグを差し込むことが出来るようになります。

 

また、ハブ空港などという使い方もあります。

「各地からの航空路が集中し、乗客や貨物を目的地に中継する機能をもった、その地域の拠点となる空港」の事を指します。

もともとは自転車の車輪の中心部分にある部品の名称をハブといい、そこからタイヤに向かってスポークと呼ばれる棒状のものが放射線状に伸びている様から来ているようです。

つまり“ハブ”とは、物事を集約し各方面へ送り出す中継地点ということですね。

 

では、本題のスマートホームのハブについてまとめてみましょう。

家の中のあらゆることを声だけでコントロール?ハブがないと始まりません!

スマートホームは家庭内の電化製品をネットワークでつなぎ、スマホやスマートスピーカーによりコントロールする暮らしです。

今までのように自分でスイッチを切り替えたり、手で操作したりしなくてもシーンに合わせて快適な状態を自動的に作ることが出来るのです。

このような暮らしを実現するために必要なものは大きく分けて2つあります。

 

1つは、実際にコントロールされる側の電化製品です。

そしてもう1つが、私たちの意思を理解し電化製品に信号を送ってくれるシステムであり、これがスマートホームハブの役割です。

 

スマートホームハブに対応している製品を登録しておくことで、声でその製品をコントロールすることが出来ます。

例えば、部屋の照明をつけたり、お風呂のお湯を入れたり、ということを声で伝えるだけで可能になるのです。

どのスマートホームハブを選びますか?

スマートホームにとって重要な役割を果たすスマートホームハブですが、各メーカーから販売されています。

 

まずテレビCMもされていて知っている人も多いと思われるのがGoogleHomeです。

名前にも入っている通り、Googleから発売されているスマートホームハブです。

形状は円柱型で話しかけると4色のランプが点滅するなど愛らしさを感じさせてくれます。

AIが搭載されており、会話を通してこちらの行動パターンを学習し、成長する能力を持っています。

Google検索機能を使えるので、パソコンやスマホに打ち込んで検索する必要はなくなり、何でも知っている友人と会話するように調べ事が出来ますね。

 

次に、アマゾンから発売されているAmazonEcho(アマゾンエコー)があります。

水筒のようにシンプルに円柱形で、アマゾンならではの特徴としてはKindleの書籍を読み上げたり、ショッピングをしたりすることも可能です。

こちらもGoogleHomeと同様AI搭載なので、学習してより快適な生活をかなえてくれます。

 

さらに、意外にも遅れをとっての登場となるのがApple社のスマートホームハブです。

名称はHomePodで日本での発売は2018年以降というのみで詳細は決まっていません。

「驚くべき温室を実現する」と宣言しているとのことなので、音質に関して他と差をつけたスマートホームハブとして期待出来そうです。

日本のスマートホーム化促進に大きく貢献するのは第2のハブ?!

スマートホームハブは声で電化製品を操作する役割を果たすものですが、前述した製品に対応した電化製品に買い替えるとなれば大変ですし、まだまだ対応製品が少ないのが現状です。

そんな中、赤外線リモコンで操作する電化製品を声で操作することを叶えてくれる“赤外線リモコンハブ”は、日本でスマートホーム化を進める上でなくてはならないものですね。

声での指示を理解してくれるスマートスピーカーに加えて、スマートリモコンがあれば、現在使用しているテレビやエアコンなど赤外線リモコンの操作で動く電化製品も声でつけたり消したり出来るのです。

 

スマートホームハブ、赤外線リモコンハブが一体化されている機器が発売されると、遅れがちな日本のスマートホーム化が一気に進みそうな気がしますよね。

スマートホームという言葉を聞いたことはありますよね。

しかし、それが具体的にどのようなものを指しているのか説明しなさいと言われると下を向きたくなってしまいます。

まずはスマートホームとは何かという事を調べてみました。

まだまだずっと先の未来の暮らしだと思っていたことが現実に!!

スマートホームとは、家の中の電化製品をインターネットでつなぎ、スマホやスマートスピーカーでコントロールしたり、ある動作に連動して自動的にもう一つの動作が起きたりする暮らしの事です。

例えば、スマホの操作で鍵の開閉が出来たり、朝目覚まし時計を止めると自動的に部屋の明かりがついたり、声だけで聴きたい音楽を流したり、というまるで映画の中のようなことが現実に起こるのです。

 

では、どうしたらこのような暮らしを手に入れることが出来るのでしょうか。

電化製品をインターネットにつなぐという事に関しては、すでにテレビをインターネットにつないでいる家庭もあるかもしれませんね。

目覚まし時計と照明が連動するからくりとは一体…

スマホで鍵を開けるには、恐らく家の鍵を変えなければならないですよね?

具体的に考えていくと、やはり簡単には手に入らない暮らしのように思えてきます。

 

そこで注目なのが、少し前からテレビCMで目にするようになりましたGoogleHomeです。

GoogleHomeはGoogleが開発し販売している家庭向けのスマートスピーカーという事ですが、こちらについても詳しくまとめてみましょう。

スマートホームへの第一歩!まずはGoogleHomeで踏み出しましょう!

「オッケーグーグル」「ねぇグーグル」などという言葉に聞き覚えがありませんか?

これがGoogleHomeに依頼する時の決まり文句です。

GoogleHomeはこのように話しかけられることで、私たちの希望をかなえてくれます。

 

とはいえ、なんでもという訳ではありません。

 

GoogleHomeは主に以下のようなことが出来ます。

  1. Google検索で知りたいことを調べる。
  2. 音楽を聴く。
  3. アラームやタイマーを設定する。
  4. 天気予報を確認する。
  5. 場所を探す。
  6. 翻訳する。
  7. 個人のスケジュールを記憶する。
  8. ゲームなどの娯楽。
  9. 計算してくれる。

 

盛りだくさんですね。

⑦のスケジュールの記憶に関しては6人までの声を識別する機能が搭載されている為、話している相手のスケジュールだけを読み上げます。

今までは、料理をしながら濡れた手を拭いてタイマーをセットしていましたが、GoogleHomeがあれば流れを止めることなく「オッケーGoogle、5分たったら教えて」と伝えるだけで良いのです。

朝の忙しい時間帯にも身支度をしながら、目的地までの行き方を調べたり、天気予報を確認したり、スケジュールの再確認をしたりということを次から次へ思い立った時に出来てしまうのです。

まるで自分に秘書がついたかのようですね。

 

こんなにもたくさんの事をかなえるために何をしたら良いか、難しいことを必要としないかが重要です。

やることはたった1つで、GoogleHomeの初期設定をします。

これはスマートフォンかタブレットにGoogleHomeアプリをインストールしておくことで画面上の指示に従って進めば完了します。

 

これならスマートホームへの始めの一歩として踏み出せそうですね。

発展途上のGoogleHomeは、一緒に成長してくれる!?

GoogleHomeは今まで紹介したことにプラスして、インターネットに接続されたスマート家電のコントロールも可能なので、声でテレビをつけたり明かりを消したりという事も出来ます。

ただ、対応している製品がまだ少ないという事なので、私たちが慣れていくのと一緒に少しずつ対応製品を増やしてくれたら助かりますね。

 

さらに、GoogleHomeはこちらの意図を学習し、進化していく予定だと言います。

人が一緒に暮らしていくうちにお互いの事を理解していくように、スマートスピーカーも自分に適合してくれるなんて素晴らしいですね。

スマートホームへの入り口としても入りやすく、その先も共に成長していけるとなればGoogleHomeはスマートホームに欠かせないものとなるのではないでしょうか。